酸素カプセル情報

メール質問Q&A

酸素カプセル購入ガイド

業者選び

会話記録

店舗様向メニュー

おすすめリンク

酸素カプセル比較表














TOPメール質問Q&A > クーラー・有名人広告塔
クーラー・有名人広告塔

酸素カプセル クーラー・有名人の広告塔のお悩みメールと回答です。

質問:突然のメール失礼致します。弊社グループ店舗で酸素カプセルを使用しています。
こちらのサイトは内容が濃く大変勉強になりました。
暑さ対策のクーラーについて教えて頂けますでしょうか?
現在、使用すると酸素カプセルの窓が湿気で曇って真っ白になってしまう状態でお客様からは

「暑くて気を失いそう」だと言われる程です。

対策としては、ひんやりマット・アイスノン・ミニ扇風機色々と試してはいますが、お客様が満足する改善は出来ませんでした。
スポット簡易クーラーも使用していますが稼動音が余りにも大きいのでトレーニング系の一部の店のみ使用しています。
3
ヶ月ほど前に酸素カプセルの飛び込み営業があり、現状を伝えるとハードボディの酸素カプセルのクーラー・冷暖房機能付きを即決で導入してしまいました。

しかし、気持ち暑くなるのを抑えた程度でクーラーと呼ぶには程遠い商品でした。こちらのサイトを拝見しこの製品はクーラーでは無く「冷風機」だと分かりました。
使用しているカプセルは*****社製 ソフトボディ****ハードボディ******と
「冷風機」付きは******社製 ハードボディ**です。

メーカーの対応は最低で「当初からワインクーラーのような」と伝えていましたよね!などと訳の分からないことを言っています。話してもどうにも解決できそうにありませんのでこちら側でクーラーが取り付けできないかと考えています。
酸素カプセルのクーラーを取り付け加工できる業者をご紹介いただけないでしょうか?
また、何社か別の酸素カプセルメーカーへ相談しましたが、“クーラーは危険なので取り付けできない”や“ガス漏れがあった場合、死亡事故につながる、だから酸素カプセル用にクーラーは作っていない”のだと言っておりました。
宜しくお願い致します。



回答:同様のメール多数いただいております。クーラー・エアコンのお問合せメールは非常に多いです。
実は、以前多くのクライアントから同内容の相談があり対応致しました。
単純にどうして酸素カプセルにクーラーが付属していないのか?取り付けができないのか?どこでも困っているのに何故販売しないのか?など
それとご質問にあるひんやりマットは良いですが、しっとり~は湿度が上がり、カプセル内がより暑くなるので控えることをお勧めします。

酸素カプセルは内部を加圧する特殊機器の為に代用品が無く、データも無いのでクーラーのメーカーも怖くて保証出来ないのです。
加圧環境で無ければ簡単なのですが、、、

まず冷媒HFCのガス圧は以前の代替フロン※HCFC の1.5倍の圧力がありますので
クーラーのガス漏れの危険性、圧縮機の機能低下、電力容量の問題、ガス圧力の変動、
クーラー本体と室外機をコンパクト化など
配管のフレアーも専門業者しか出来ない為、特注オーダーで高額になります。

でも、どうしても家電量販店の室内用クーラーと価格比較してしまいますね。

酸素カプセルの容積は12畳で間に合う計算だが、実際にカプセル内を加圧はすると風化しているので3畳-6畳クラスのクーラーが必要です。
でも、一般人には無用の物で月に何千・何万台出荷ではなく何十台かです。

まあ数十倍の価格になるのも仕方がありません。

過去に試作(メーカーは完成と言っていました)のクーラーは何度も足を運び確認したが、クーラー製造メーカー又は酸素カプセルメーカーのどちらが悪いのか?実際に使用すると「暑く」完全に設計ミス・容量不足で無駄足でした。
技術者やメーカーも卓上の計算で実機で試したとは思えない状態です。
仮に試したとしても、実際に人が入らず『これでOK!』とそのレベルです。

まず、どのタイミングで加圧環境にどう押し込みどう冷すのか?

吸い込む空気・外気を冷やすのか?吸い込んでカプセル内の圧力のかかった前?後?どちらを冷すのか?
酸素濃縮のように別ホースでカプセル加圧空間を冷すのか?
※追い炊きなのか?たし湯なのか?
熱交換するのかしないのか?
湿度問題は?除湿して入れ直す?それをどのように加圧環境に?
カプセル内にミニクーラーを配置できるのか?←これがベスト

特に湿度の問題で中途半端な冷え対策は「逆に湿度が上がりより蒸し暑くなってしまう」

後は原始的な氷を通す・扇風機・送風機・除湿機・冷風機などを上手く利用する案などなど・・・
でも氷はしっとり~とお同じですのでお勧めできません。

コンプレッサー・圧・温度の話になると必ず「ボイル・シャルルの法則
圧力が高くなる⇔温度上昇
や「気圧と流量の関係」 気圧と流量は反比例し 流量/カプセルに入ってくる空気 の勢いは減る
1.3
気圧の時点では50Lクラスでも20L前後に流量が落ちる※ポンプ性能にもよる に加え、指定気圧に達成した後の連続運転によるコンプレッサーはどんどん熱くなり、そして利用者の体温の上昇と来れば
もーそれは「暑くて当然」ですね。

※ボイル・シャルルの法則
「温度が一定であると仮定するならば、ある量の気体の体積とその気体の圧力は相互に反比例する」というボイルの法則と、「ある量の気体の体積は、一定の圧力下ではその絶対温度に比例する」というシャルルの法則を結合した法則。すなわち「気体の体積は圧力に反比例し、絶対温度に比例する」というもの。この法則によって、いかなる種類の気体でも、温度、体積、圧力には相互に密接な関係があり、これらの3つの要素のうち1つでも変化すると、ほかの要素にも変化が起きることを示している。
余談ですが、気圧が0気圧の場合、人体は膨張し、人体は沸騰し、蒸発する言われています。
高圧には人間は耐えられるけど、低圧には耐えられない。近年、低気圧・高地トレーニングの酸素ボックスが販売されていますが、アスリートがハードなトレーニング目的として使用するのは問題ありませんが一般人は無縁で注意が必要です。 また一部の店舗で健康に良い!と営業されているようすが、高齢者は特に注意が必要です。減圧の目的を勘違いしないように!飛行機で乱降下して気持ち良いですか?高層ビルのエレベーターも1F-42階の繰り返しも同様です。やはり事故が起きました ★ニュース低圧ルーム(減圧室)で2名死亡


お客さんから カプセル暑いね、涼しくならないの?汗だくだよ!リラックスできない!と言われたら

クーラーが接続出来ないゆえのクーラー否定メーカー回答1-4

1、血行促進を考えると冷しすぎるのは本来の酸素カプセルの本来の目的とは逆行する、、、

2、冷すことにより血管が収縮し血行が、、、せっかく開いていた毛穴から毒素出ようとしてるのに、、、

3、冷やすことは体に悪い影響がありますのでコレ位の方が良いのです、、、

4、パチパチパチ(拍手) よかったー効果が出ましたねー、汗が出ることは体温が上昇して血行促進!細胞の活性化!正に酸素カプセルの効果があった証拠ですよ!どんどん汗かいてくださいねー、、、、

「もういい、誤魔化すな! まず冷えるようになってから言え!」

と何度言ったか分かりません。

当時のメーカーは以下A,B,Cのような感じでした。※たぶん今も変わらないと思います。

A:50%の酸素カプセルメーカー
「当社は対応していません。。。」何故ですか?「冷やすと効果が半減するので」「酸素カプセルに付けてはならない規則」 「付けても冷えないのです」「実は爆発事例がございまして、、、」

B:20%の酸素カプセルメーカー
「現在開発中」いつですか?「。。。」

C:30%の酸素カプセルメーカー
もうあきらめた?業者は「大変危険なのでやってない、ガス、エアコン冷媒が漏れて危ない!」
漏れないように造れば?「いいえ、もし漏れた時の事を考えると可能性はゼロではないので、やはり危ない」
 

の返事=言い訳でした。


除湿機ならまだ少しはマシですが、ご質問の「冷風機」は問題外でしょう。

まず、「中途半端な冷風」は

逆にカプセル内の「湿度が上がり」余計に蒸し暑く、しっとり~になります。


カプセル内に別ホースを引き込み冷えた空気を追加することも理論的には有りですが
その場合、酸素カプセルのコンプレッサーの容量・流量(勢い)に近い物で無いと無駄でしょう。

また流量(勢い)弱いと冷風が出ずに逆流現象(カプセルの内部圧により押し戻される)がおきます。
その逆で流量が強いと『加圧に加担』することになり8分で1.3気圧に達成する予定が3分くらいのハイスピード加圧する為、耳抜きが追い付かず鼓膜の損傷に繋がります。

クーラーに関しては、出来ないことを出来るとか言った言わないと前の政府の誰かさんと似たようなことが繰り返された経験がある為、「当初からワインクラーのようだと言っていた!」の部分は良-く理解できます。
もう散々経験済みです。

しかし、半年以上無駄なやり取りが続きさすがに諦めかけていた時にある会社と繋がり即解決しました。

何と2パターンの試作を完成までたったの10日で!しかもほぼ「完璧な製品」でした。また話が長くなりますので2パターン+1案を簡単に説明すると

1、カプセル内ミニクーラー+室外機
2
、クーラー室外機一体型 です

3
、クーラー室外機一体型+気圧変動ポンプ※予算が合えば

試作の完成までには進行状況の詳細報告が密に入り全てがスムーズで交渉能力も優れており、今まで4社以上と関わった無駄な半年でこの業界の幼稚さに呆れ果てていましたが、業界もまだまだ捨てたものではないと感じた瞬間でした。

幅広く機器を取扱いして「酸素カプセルは造らないのですか?」と聞くと

彼は「酸素カプセルは一つの取扱い製品に過ぎない、今の業界は特殊製品を理由にお客様に耳を傾けないメーカー主導の歪んだ業界です。
MAX1.3気圧ありきでメーカーは1.2や1.3気圧で故障しないことを目指した甘い設計なので連続使用する商用の場合は故障が多い。そもそもその目標値設計が間違い

また、資金不足のメーカーが多いので開発も進まず停滞し今は売価が高い。
酸素カプセルは、高気圧酸素療法と違い簡単に高気圧環境を提供できる唯一無二の素晴らしい製品です。ブームが落ち着き 過剰在庫→値崩れ=本来の価格帯 が起き販売業者やメーカーが淘汰されたタイミング胡散臭さも浄化されます(笑)定番化するには今の業界の空気感では難しい。

頃合いを見て他社が追いつけない高性能で安全な製品を時代に合った酸素カプセルを一般家庭向けからスタートし数機種販売します。酸素カプセルを健康機器の定番製品にしたい。その為には、まずはその時の相場観に合った価格の値付け、適正な価格での正しい販売です。」と言い

図面・詳細と試作品3機種、いやいや完全なる完成品をまるで刑務所内の様に整理整頓された提携メーカーの工場内でのぞき見させてくれました。2機稼働しているのを見た瞬間に「この製品が世に出回ったら業界がひっくり返るな」と誰もが思うような驚きの製品でした。※7年以上前ですよ!

いつ頃販売するのか?と聞くと 取引業者との関係性もあるのでタイミングをみて2-3年後です。まずは商用向けに1機種、そして一般家庭と徐々にラインナップを増やすとのことでした。
ちなみに価格はその当時の仕入れ価格2分の一以下、検証中!と張られた紙には1.6気圧稼働テスト中○○時間と1年近くの期間をこの気圧で!と目を疑う数字。驚いて業務用ですか?と聞くと「これは一番安価な一般家庭向けの1.2-1.3気圧の設定です。車と同じ考えで、200Kのスピード能力があって60K、高速で100Kで走行するような゛余裕の走り”です(笑)故障率目標は0.2%以下です。
また来週からは、正しい取扱いを無視した無理矢理に無茶な使い方をする検証に入るんです。取扱説明書の範囲を超えた多少の無茶な使い方をしても壊れないように、それも含めて故障率0.2%以下を目指します」と、

う~なるほど、他業者と余りにもステージが違う、今すぐ販売すれば必ず儲かるのに競合他社が淘汰されたタイミング(綺麗な土壌?)で株で言うところのselling climax セリング・クライマックス※劇的な投げ売り後のこれ以上価格が下がらない 所でもまだ自信があると。
取引業者との関係性を優先させ、誰でも売れるブームに乗った販売には全く興味がないと。

それにしても今現在もうすでに制覇してるのか?また、取引業者の関係を考慮し制御しながら販売をしているのか、最後に行き残るのは、、、先ほどの「今なら必ず儲かる!」も同様、

私のおばちゃん的な考えが間違いなのでしょうね↓ 生き残ってる?儲かってる?とかではなく、もう定番製品になることでしょう。
※メールお問合せ頂いていますが、特定のメーカーや製品を推奨することになりますので彼が現在どの製品に関わっているかはお伝えできません。

では、クーラー・エアコンの話に戻ります( ・`ω・´)

クーラーは最終30台オーダーしました。台数があったので当初の予算は1台20万程、数量の問題もあり1と2のカプセル内ミニクーラーと一体型が加工費用やガス注入など含めて30万円程でしたが、その時に限っては、交渉は入れずOKしました。今もトラブル無く稼動していると聞いています。
もうずいぶん前の話です。

現在、私はタッチしてませんが、クライアントを紹介し機器入れ替えはすべてこの会社から購入しています。
現在は酸素カプセルのメーカーから専用クーラーが販売されています。

また、エアコン・クーラーを単独販売している業者は避けてください。
特に安易に『どのメーカーでも取り付け可能!』などと宣伝している「無知」な業者は、酸素カプセルの他社製品の制御(流量、排気調整)や仕様、特に「保障」の部分を全く理解していないのでしょう。勝手に付けて仮に上手く動いたとしても、故障した場合に揉めるだけです。 また「酸素カプセルにクーラー付けるとガス漏れで大変危険です!」とアピールする業者も同様です。



質問:有名なアスリートや芸能関係の方が「私が利用しています」みたいなのは本当なんですか?
良い製品なのでしょうか?
あともう一つ、オリンピックの○○○メダリストが宣伝している○○○○○さんの製品の信頼性はいかがでしょうか?こいうのは
付加価値有りますかね? お店で使う場合のメリットとか有りますか?

回答:有名人・アスリートの場合、メーカーが宣伝協力を条件に酸素カプセルを無料提供しているパターンです。その場合は、お礼と言うよりは、ことあるごとに宣伝してね♪タダであげたんだから!ねっ!に対して雑誌等の取材で有名人のご自宅訪問!普段の生活に密着!などで買ってもないのに「400万円しました、疲れた時に使ってます!視聴者からはセレブリティ~♪」となります。

「お仕事」としてプロモーションの場合は、
商品やブランドの認知や話題性を高めたり商品や企業のイメージUP戦略として※ピンキリですが プロモーション契約が必要です。

起用する際の契約金額に影響を与える項目として

・認知度・好感度・旬な話題・TVやNEWS露出度
・契約期間(スポットで3か月~年単位契約)
・利用範囲(CMのみ、その他カタログ・WEB・販促での制限)

誰もが知っている旬な著名人で期間も長く利用範囲も大きく企業側にメリットが大きくなれば
比例して契約金は上がり数千万単位となり殆どが広告宣伝費を持ったTVのCMおなじみの大手上場企業となります。
TVやCM・雑誌では桁が違います。WEBやチラシ程度だと思います。正式なカタログになるとこれも起用する人物によりますが、多額の契約金が必要で利用範囲を定めた年間契約等が必要です。

でも、酸素カプセルではキャラクター・広告塔としては殆ど無いですね、だいたいその製品に対しての広告予算が無い、一般流通して無い、特殊な特殊な製品です。家電量販店・デパート・ホームセンターで取り扱いのない、いや扱えない製品・・・電位治療器、ウォーターマッサージベッド、日焼けマシン、ジェットバス等々も同じく、大型・重量物・設置セッティングが必要・高額な製品※不動産除く 一般に流通していませんのでCMには向いていません。
でも、もし有名人や有名アスリートがくっ付いていたら、広告費がそのまま乗っかってきます

゛メーカーは、バレないと思って許諾範囲を超えて勝手に使用”している場合が多く注意が必要です。

また、あの~有名人がが使っている!パターンでのゴリ押しの営業してくるメーカーの製品は、

その宣伝費用が製品価格にONされ、他の製品に比べ高額で販売される場合が多いのです。


この辺でご質問の答えは見えてきます。これ何か金からんどるね―


●有名なアスリートや芸能関係の方が「私が利用しています」みたいなのは本当?
はい、本当です。タダで貰ったので。。。毎日かどうかは分かりませんが、取材が有れば 私これ使ってます!と言います 又は 言わされます。キャラクター・広告塔契約の場合も提供していますので使っています。

●良い製品なのでしょうか?オリンピックの○○○メダリストが宣伝している○○○○○さんの製品の信頼性はいかがでしょうか?
ノーコメントです。

●付加価値はありますかね?
その有名アスリートの大ファンで無い限りありません。酸素カプセルの場合は特に。

●お店で使う場合のメリットとか有りますか?
サッカーのベッカム(火付け役、ベッカムカプセルと呼ばれる)、金本選手(第二次ブーム、自宅や酸素カプセルトラックが付いて回る)、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手(第三次ブーム、最近では出版社からタワマン&ポルシェマカンも提供)等が、
酸素カプセルを利用していたことで有名です。
しかし、実際にその有名人がどのメーカーの酸素カプセルを利用していたのかを知っている一般ユーザーはいません。また、プロ野球選手はほとんどがメーカーからの無償提供(条件付き+α金)だと聞いています。

よって、メーカーとその有名人に絡んだ一部の業種以外、酸素カプセルとしてのメリットは何もありません。

製品のイメージアップ戦略で有名アスリートやタレントのようなセレブリティを起用することを
否定している訳ではございません!


車・食品のイメージキャラクターはイメージUPに繋がり何も問題ないですが、酸素カプセルのような特殊機器では、少し違うのでは?と言っているだけです。

いずれにせよ、酸素カプセルの様な製品を「●●が使っている」「●●が選んだ」と言ってもらっている、言わされている製品が良いのかどうか?です。

自然発生的な口コミや評価・評判、SNSで有名人が使ってるよ!は判断材料になりますが、
誰々が使っているとダーン!と打ち出して、広告宣伝している酸素カプセル。
しかも、その宣伝費用がONされて相場より高く販売している。酸素カプセルの様な特殊な機器は、
酸素カプセルとしては多少プラスに働きますが、特定の機器で~が使っていことによるメリットは一部の偏った店舗以外は、メリットなどは殆ど無いでしょう。
オーナー様は、ご自身で良-く判断してください。




質問:お前 横*だろ!クーラーの金返せ

回答:これも同類のメールがもう1件ありました。何なのでしょうか

私は横*ではありません。

▲ページの先頭へ